住宅ローン金利動向とランキングの関係は?

住宅ローン金利ランキングを調べて見ると、全体に低金利で推移しているのがわかりますね。なぜ金利は安くなっているのでしょうか。これは、長期金利の引き下げの影響を受けています。長期金利の動向は、国債の長期金利に大体重なります。もし、こうした金利が上がると、貯蓄が動かなくなり、市場に回るお金が少ない状態が続くことになります。ですから、低金利は政策的にも望ましい状態となっています。低金利で借り入れしやすくなりますから、消費が進む方向にプラスに働くというわけです。ですから、現在の住宅ローンの低金利な状態はもうしばらく続くと見ている人が多いようです。かつて、2.7%前後スタートが当たり前だった固定金利が、1.2%前後というのが珍しくなくなりましたね。

参照元住宅ローン金利動向予想!今後の金利推移は?【2017年3月最新】
住宅ローン比較をするときに忘れてはいけないのが今後の金利の動向です。住宅ローン金利は1%の差でも今後の返済額が大きく変わります。将来的に損をしたくない方はしっかりと最新の情報を検証してベストな選択を心がけるようにしてください。住宅ローン金利動向についての専門サイトを見つけました。