クレジットカードでキャッシング返済を滞納したら?

キャッシングで借りていたお金を月ごとに返済しています。
ですが先月、指定の口座に入金するのをつい忘れていたのです。
借りているキャッシング会社の担当者から電話があり、入金がなかったことを確認されました。
返すお金がなくて入金できなかったわけではないことをお伝えしました。
勿論悪いのは自分なのですが、結局、遅延損害金を支払うことになったのです。
キャッシングという融資形態は金融機関から小額の融資をされることです。
通常、融資を希望すると保証人や担保を要求されます。
そこが、キャッシングの場合は通常融資のような保証を用意する義務はありません。
本人確認書類があれば、多くの場合は融資を受けられます。
お金を借りなければいけない時誰に借りるのが最善かわからない人も多くいます。
第一に、親族など身寄りのある人もしくは信頼関係のある友人から借りるべきでしょう。
しかし、頼めるような人が見つからないなどの理由があって、一定程度の収入がある場合は銀行などから融資を受けたり、クレジットカードのキャッシングローンなどで貸付を申し込むやり方もあります。
キャッシングを利用した後3ヶ月滞納すると、裁判手続きをすることとなります。
ということが載った書面が自宅に届きます。
支払いが滞っても、電話してくるだけなので、つい無視を決め込んで返済を遅らせてしまいます。
けれども、書面に裁判という文字が載っていると、恐ろしくて無視はできません。
プロミスが提供するキャッシングは、ネット、電話、店頭窓口、そしてATMの4箇所からお申し込みが可能となっています。
三井住友銀行かジャパンネット銀行のどちらかに口座があれば、受付が済んだ時点から10秒くらいで振り込まれるというサービスを利用できると思います。
女性専用ダイヤルや、30日間利息がないサービスがあるのもプロミスならではのキャッシングの魅力です。